読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金にまつわるアドバイス

お金にまつわるアドバイス

収入証明なしでも借りる方法

貸付したお金を返済してもらえる目処がなければ金融機関としても貸すのに躊躇してしまいます。
友達から急に「30万円貸してよ」と言われても即座に了承する人も少ないでしょう。
金融機関も個人でも貸付側にとって債務者に返済できるだけの資金や目処があるか不安は付きまといます。

 

では、返済できる目処としてはどんな基準があるのかというと、分かりやすいのは所得の有無です。
正社員でなくても、アルバイト・パートでも働いていれば一定の所得が見込めます。
月20万円を稼ぐ人に3万円ほど貸付しても何となくキチンと返してくれそうな印象を持てませんか?


これがアルバイトなどで収入が毎月5万円の人に20万円を貸付するとなると印象は逆転。
収入が少ないのに借りる金額が大きいと生活や他の出費などで返済の目処が読みにくくなります。
例え、返せたとしても全額返済まで随分と時間がかかってしまいます。
その間、貸付側は本当に返してもらえるのかドキドキし続けることになってしまうのです。

 

昨今のカードローンでは即日融資という、いわば申込した日にお金を借りれることが常識化してきました。
もちろん返済能力というところに着眼して審査を行われます。
一方、早く貸付するには申込者の所得をジックリと調べている時間がありませんし、申込者が申告してくる所得額を鵜呑みにするのも危険が伴うのです。


そこで確定申告書や給与明細書など収入証明書類の提出を求められるケースがあります。
年収が分かる書類などがあればどれだけの稼ぎがあるのかを貸付側は把握することができます。

 

しかし、借入する側からすると収入を証明するための書類を用意するなんて面倒なことしたくはありません。
少しでも早く借りたいだけ、所得をさらけ出したくない、など様々な思いもあります。
実は収入証明書を提出しなくてもカードローンを活用すればお金を借入することができます。

 

そもそも貸金業法という法律によって50万円以上の借入には収入証明書の提出義務が発生するのです。
もうお分かりですよね?
貸金業者からは50万円以下の借入にすれば収入証明なしで借りることができるのです。
※審査内容にもよる

 

大手消費者金融アコムも50万円以下なら収入証明不要で手続きができます。
収入証明が不要であれば所得に自身がない方も安心ですが、審査時に照会される信用情報機関の情報には申込者の個人情報や勤務先情報なども登録されている点には注意です。
数万円の誤差などでは怪しまれなくても何十万、何百万円と所得を誤魔化すと金融機関から怪しまれることになります。


希望額を50万円以下の中でも最低希望額まで抑え、事実に基づいた情報で申告することが収入証明不要で借りるポイントです。