読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金にまつわるアドバイス

お金にまつわるアドバイス

レディースローンって何が違うの?

お金を借りるのは男性ばかりだと思われがちですが意外に女性からの需要もあるようですね。
日本貸金業協会の調査でも大体4人のうち1人は女性がお金を借りているようです。
冷静に考えてみれば一般家庭の生活費を管理しているのは主婦の方、つまり、女性の方が多いことが何となくイメージできます。


また、本来なら男女などの性別によって差はあってはならないのですが、仕事などによる給与などの待遇面。
最近の企業、いわゆるベンチャー企業などでは女性管理職が多かったりしますが、地方や古い体質が残る会社では未だに職場は男性のものという考えもあります。
意図せぬところで女性は昇格・昇給でハンデを持たされているところも否めないでしょう。


昨今では男女ともに派遣社員として働くことも増えているので、安定した給料というのは現実的ではなくなってきたと言えます。
カードローンという言葉をCMでもよく見かけるのはお金に困っている人の需要の高さの表れでもあるでしょう。


レディースローンという商品が現れてる理由


冒頭でも説明しましたが、バブル時代ではないのですから男性だけがお金に困っているのではありません。
女性であっても仕事をしていようが、主婦をしていようがお金は生活を送る上で欠かせないものなのです。
必要に応じて借りるのは何も悪いことではありません。
ただ、カードローンと言えど、借金ですので精神面的なところで抵抗がある方は多いでしょう。

 

特に女性の場合はお金を借りる理由として美容のためなどデリケートなものもあります。
そんな時に男性スタッフに相手されると何だか話にくいことは容易にイメージが沸きますが、女性専用のローンなら安心です。
レディースローンとは女性スタッフが全て対応してくれるサービス。
消費者金融だけでなく、銀行でも女性専用のローン商品を設けているところがあります。
女性にもっと気軽にローンを使ってほしい、または利用者からの要望もあって誕生したサービスだと考えられます。

 

基本スペックは変わらない


ひと昔前のレディースローンは一般向けのローン商品と比べてスペックが異なっていたようです。
しかし、昨今のサービスでは基本スペックに変わりはなく、対応スタッフが女性になるという違いぐらいです。

 

ただ、レディースローンと同じような位置付けにはなりますが、別商品として提供しているローン商品もあります。
基本的に女性のライフスタイルをサポートするという目的としており、ショッピングやキャリアアップなどに使えるローンサービスです。
一般的なレディースローンと比べると特徴としては限度額が低くめに設定されているという点。
無理なく借りることができ、借り過ぎる心配もないので高い安心感があります。


ただ、利用限度額が少ないということは金利も高めになってしまうという点には注意。
ベース金利の低い銀行が提供する銀行カードローンならレディースローンであっても比較的に低金利で借入できます。


例えば、メガバンクみずほ銀行が設ける「みずほMyWing」などでは限度額は100万円に対して年率12.0%~14.0%と低金利です。

また一般のレディースローンでもあるレディースレイクのように銀行ながら上限金利は年率18.0%と高い場合もあるので銀行=低金利という安易は発想は止めましょう。
ただ、審査ハードルは下がるものの消費者金融も年率18.0%のところが多いので、審査基準を取るか金利の低さを優先するかシッカリ考えてから申し込みすることが大切です。