読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金にまつわるアドバイス

お金にまつわるアドバイス

進化するインターネットでの借入契約

実店舗がある金融機関もあればネット銀行のように実店舗がないものもあります。
「時代も変わったな」と感じますが、これからインターネットに対応したサービスも増えそうですね。

 

カードローンなどでお金を借りる際には店舗に足を運んで対面式で契約するという形式が過去の主流でした。
それが自動契約機の登場に伴い、窓口で人に会わずして契約できるようにまでなったのです。
そこからさらにサービスが進み、インターネットを交えての契約が可能となりました。

 

インターネットには自由にアクセスできるという利点もあり、金融機関側もインターネットからの申し込み受付に24時間対応してい ます。
ほとんどの大手金融機関のカードローンにはネットで申し込みが可能ですが、中でも特別な契約方法があるのです。
それが申し込みから借入までインターネット上で全て手続きできるサービスです。

 

各サービスによっては呼び名は変わるかも知れませんが、一般的に「WEB契約」と呼ばれています。
しかし、ここで取り上げるのはWEB契約の中でも特別な存在「WEB完結申し込み」という特定の業者でしか提供していないサービスで す。

ローンカード発行のない契約方法

通常、カードローンでキャッシング・返済を行う際にはローンカードと呼ばれる専用カードを活用して行います。
銀行が提供するカードローンでは当行のキャッシュカードと一体型のローンカードに対応しているものもあります。
ですが、そもそもローンカード発行すらない契約方法が注目を浴びています。

 

今までカード発行を前提としていることからWEB契約であっても自宅への郵便物が避けられませんでした。
プライバシーを守りたいというキャッシング利用者が多い中で郵便物は誰だって避けたいのではないでしょうか。
実は、大手貸金業者プロミスモビットならカードレス契約にも対応してもらえます。


ローンカードを持たないことで周囲への後ろめたさも軽減されることになります。
つまり、実店舗に向かうこともなければ、郵送物もなくカードローンに契約することができる時代になったのです。

 

インターネットの登場により、カードローンへの申し込み方法だけでなく、契約方法、借入や返済もインターネットの会員専用ペー ジから行えるのです。
スマートフォンの普及も含め、今後の世代はカードレスでの金融サービスなど増えてくるかも知れませんね。