読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金にまつわるアドバイス

お金にまつわるアドバイス

勤務先への在籍確認が行われる目的と回避術

お金を借りる時に審査が行われるのは有名、、、というか当然のことですよね。
どんな審査が行われるかはローンの種類によっても異なることになります。
そもそも1,000万円借りる人と10万円を借りる人とでは審査内容は全く同じではないと考えられます。とはいえ、10万円であっても貸付する側としては返済してもらわなければ利益がでません。
返済能力を調べる上で重要な審査となるのが申し込み者が仕事をしているかどうかのなのです。

 

カードローンなどの個人向けのローン商品では基本的に担保や保証人は不要となるため、申込者の信用力が重視されます。
申込書(ネットでは申し込みフォーム)には、必ずと言っていいほど勤務先情報を記入・入力する欄があるはずです。
ここで申告した勤務先にはローン会社から「在籍確認」として電話連絡が入ります。

 

ローン審査が進むと勤務先には「○○さんいらっしゃいますか?」というカタチで電話がかかってきます。
とはいえ、在籍確認の電話には必ずしも本人が電話に出る必要もないという程度のものです。
「○○は外出しております」や「○○は本日お休みです」など在籍していることを確認できれば問題ありません。
要は会社に所属していれば一定の所得は得られていることの確認ができるのです。

 

逆に在籍確認において「○○は既に退職しております」などとなると大問題です。
これは嘘の勤務先情報で申告していることになり、信用を失ってしまうことになります。
無担保・無保証人だからこそ申込者の信用力が問われるのに虚偽の情報を活用しては審査通過も非常に厳しいものになるでしょう。


ただ、会社に電話されたくないという利用者も多いはず。
アルバイトで働いているのに勤務先に電話がかかると普通に考えると怪しまれること間違いありません。
原則、在籍確認は担当者の個人名ですが、それでも普通なら携帯電話に連絡がくるはずです。
正社員などであれば会社にお客様から連絡がくることもあると思いますが、社名ぐらいは名乗るものです。
そう考えると在籍確認は警戒したくなる気持ちも出てきて当然だと言えます。

 

しかし、勤務先に所属していることが分かれば在籍確認の役割としては成り立ちます。
そこで注目しておきたいのが書面による在籍確認。
会社に勤めていると給料明細書や社員証・健康保険証など社名の入った書類がいくつか持っているはずです。
これらの書類を提出することで電話による在籍確認の代わりとしてもらえる貸金業者もあるのです。

それが三菱UFJフィナンシャル・グループアコムです。
アコムの在籍確認は在籍証明できる書類で電話連絡なしにしてもらえる可能性があります。

同じ大手金融のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)でも事前に在籍確認について相談することができるようです。

本来は電話確認が原則でもある在籍確認も大手を中心に相談に乗ってもらいやすくなっている傾向があるように感じますね。
どうしても電話連絡が嫌な場合には、まず、アコムに相談してみることを検討してみてはいかがでしょうか。