読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金にまつわるアドバイス

お金にまつわるアドバイス

有担保ローンと無担保ローン

担保をしてお金を借りるということは一つの筋が通っている行為だと言えるのではないでしょうか?
そもそも担保とは、自身が受けるサービス(主に融資)に対して発生するものです。
簡単に言えば、お金を借りる代わりに差し出す保証みたいなものでしょう。

 

担保がない状態でお金を貸付するのは、貸付側からするとリスクでしかありません。
要は貸したお金を返せなくなった場合、何も保証がないので回収する目処が立たないのです。
いわゆる貸倒になり、不良債権ということになります。

 

しかし、有担保ローンであればそういった心配もなく、不動産担保ローンなどが代表的な有担保ローンと言えます。
例えば、自分が持っているビル・会社などの建物を担保にして融資をしてもらうという訳です。
もちろん、原則として返済をしていくのですが、万が一、返済不能になった際には担保にした不動産の保有権利を借入先に譲渡することになります。

 

借入先のローン会社としても最悪、お金という現金でなくても不動産という資産が手に入るので貸倒リスクを軽減できるのです。
また、債務者としては担保がある分、ある程度の高額融資を受けられる可能性もあります。

 

住宅ローンや自動車ローンもローンを払い終わるまでは、ローン会社の持ち物であるということも認識しておくことが重要です。
これらも代表的な有担保ローンと言えるでしょう。


一方の無担保ローンは名前の通り、担保がなくても融資をしてもらえるローンとなります。
担保がないと利用者としては申し込みのハードルが大きく引き下げされます。
不動産や車など差し出す担保がなくても借りれる無担保ローンは大きな存在と言えるでしょう。


無担保ローンの代表格は何と言ってもカードローンです。
主にカードローンは消費者金融や銀行が提供しており、聞こえとしては印象が悪い方も多いでしょう。

 

しかし、銀行も参入するカードローンでは怪しむ人も減り、むしろ、テレビCMなどでも大々的に告知されています。
ただし、担保がない分、貸付側としては回収までリスクを負うので金利は高めとなります。


有担保ローンと無担保ローンの特徴の差としてはいかがでしたでしょうか?
メリット・デメリットが各々で異なりますが、やはり、ローンですから借入額と金利の差は確認しておくことが重要だと言えます。

 

担保がある分、融資限度額が高く、金利も低めの有担保ローンに対して、限度額は少額になるものの誰もが利用しやすい無担保ロー ンは金利が高めになるということは最低限理解しておきましょう。